第25回 史料保存利用問題シンポジウム

続発する大災害から史料を守る―現状と課題―

主催:日本歴史学協会・日本学術会議史学委員会
日本学術会議史学委員会歴史資料の保存・管理と公開に関する分科会

後援:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会・日本アーカイブズ学会

シンポジウムポスター

日時:2020年12月19日(土) 13:30~17:00

会場:駒澤大学 駒澤キャンパス1号館1-202教場 (会場へのアクセスはこちら)〈事前申込不要/資料代300円〉

*新型コロナウイルス感染症の影響により、開催形態を変更する場合がありますので、本協会ホームページでご確認ください。

《開会挨拶》

若尾 政希 氏(日本学術会議会員/一橋大学教授)

《報告》

高村 恵美 氏(茨城史料ネット/常陸大宮市文書館)
「2019年台風19号による那珂川・久慈川流域の被災資料保全活動」

山本 英二 氏(信州資料ネット/信州大学)
「2019年台風19号豪雨災害と信州資料ネット」

《特別報告》

国立公文書館統括公文書専門官室
「アーキビスト認証の実施について」

《パネルディスカッション》

パネリスト:高村 恵美/山本 英二

司会:大友一雄(日本学術会議連携会員/国文学研究資料館教授)
  熊本史雄(駒澤大学教授)

コメント:久留島典子(第24期日本学術会議会員/東京大学史料編纂所教授)

《閉会挨拶》

中野達哉(日本歴史学協会委員長/駒澤大学教授)